今がお得!ノンフィクションの値段!かわいそう

かわいそうなお話ですが、こういう時代があったのだと読んで聞かせてあげたいと思います。自分の子供の頃には、教科書にのってました。知ってる話ですが!改めて読んで!涙が止まらなくなりました。

イマが買い時♪

2017年06月18日 ランキング上位商品↑

かわいそう ノンフィクションかわいそうなぞう (おはなしノンフィクション絵本) [ 土家由岐雄 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

夏・・で命の大切さを7歳の息子に考えて欲しくて購入。そんな日本になってほしくはありません。去年も図書館で借りて読み聞かせましたが、今一つ内容を理解できなかった様子。今度は自分の子供達に読み聞かせ。。こういう本を子供たちに沢山読んで欲しいです☆昔じっさいにあった事だそうで戦争は本当に悲しいですね。昔は国語の教科書にものっていたのですが,今は載っていません。かわいそうなので嫌だと言ってますが・・・大人も同じですね。小1の娘に購入しました。ずっと心に残る切ないお話だと思います。ゾウを殺したくない人間と!殺すように命令する人間の存在に困惑してました。今年も読ませましたがやはりまだ深いところは読み取れないようでした。号泣しました。。小学3年生の長男が、小学生100冊読書日記に挑戦中です。哀しいですね。小1なので、まだ戦争を理解できないようです。子供の頃に出会わなかった絵本なのですが!たまたま友人の話に興味を持って買いました。何か感じてくれたらと思います。長男、次男は、あまり自分から本は読まないのですが、この本をリビングに置いていたら、二人とも勝手に読んでいました。子供は勿論ですが!大人にも読んで欲しい絵本です。子どもに読み聞かせたくて購入しました。しかし!世界のどこかの国では!未だに戦争が後を絶たない現状…。ですが、毎年、8月には読むようにしたいと思い、購入しました。夏休みの課題で、小学1年生の子供が読書感想文を作文用紙1枚〜3枚も書かなければならず、考えてこの本を購入してみました。 戦争という難しい事はわからなくても!身近な命を失ってしまう大変さは感じられたようです。実話だけに,子どもたちも真剣に読み聞かせを聴いてくれます。子供がお別れ遠足で上野動物園に行ってきました。昔!私も子供のころに読んだ本。 もう少し大きくなった時、また読んで「自ら失わせなくてはいけなかった苦しさ」を感じて欲しいなあと、思っています。幼稚園でも大きな本で読んでもらったそうなのですが!家でも読み聞かせたいと思い!購入しました。憲法9条を改正されて戦場に送り込まれるのは今の子供たちです。戦争は二度としてはならない!と改めて思いました。この中に載っている本を少しずつ購入していて!今回は!「かわいそうなぞう」にしました。長男は学校で読み聞かせをしてもらったことがあるようで、知っている話で楽しめたようです。小学校1年生の時に自分で読んで号泣したのを今でも覚えています。憲法9条を改正するのは戦地に行かない年寄の政治家です。子ども達にも読んで欲しいお話ですね。戦争はどれだけ多くの罪のない人々や動物たちの命を奪ったのでしょう。小学生のとき確か授業でちょっと学んだ程度で!しっかりと話の内容が分からなかったので!この度購入。戦時中の上野動物園が舞台の物語。まだ子供は1回しか読んでないですが!結構食いついて話を聞いていました。私も幼稚園の時位に読んでずっと記憶に残っていたので、子供にも良いかな?と思いました。「戦争」ということや「動物を殺す」ということをきちんと考えることが出来ると思います。私も読みながら、やっぱり泣いてしまいました。本当はまた載せてほしいのですが。子供達にはイマイチピンと来ないようです・・・それより読むたびに泣いてしまう私の顔を覗き込んで「お母さんまた泣く?」とか聞くので、もう少し大きくなってから自分で読ませようと思います。。自分も今でも覚えていたものが本屋さんにあったので帰って楽天でみてみるとレビューもよかったので子供にも読んで欲しいなと、低学年ですが本に興味を持ち始めたので買いました。戦争をしない日本、それこそが第二次世界大戦の反省ではないでしょか? 違いますか?近隣国の方々?子供のころ教科書に載っていました。戦争を知らない子供でも読めるみたいです。※ちなみに子供は4歳と8歳。読むと質問が次々に来るので、親も覚悟が要ります。子供の心にも響く本だと思います。今では考えられない戦争の悲劇が動物園の象を通じて描かれています。もっと多くの子どもたちに読んでほしいです。でも読みながら泣いてしまうのは私だけ。今の時代にこそ読み聞かせたいとても考える内容です。 もちろん今でも読むと涙がでてしまいますね!!!4歳を目前にした息子ですが!なんで爆弾を落とすの?なんで戦争するの?なんでぞうさん殺さなきゃならないの?と 少しずつではありますが内容に対しても考えることができるようです。